桶狭間ミニバスケットボールクラブ
トップページへカレンダーお問い合わせ

品切れ必至のアイテムを今すぐチェック

2019新作「ハートリング」が可愛すぎると話題になっています

記事一覧

「フジロック'19」のヘッドライナーはケミカル・ブラザーズとザ・キュアー! ジェイムス・ブレイクやマーティン・ギャリックスなど第1弾出演アーティストが発表

ファイル 4-1.jpg

今年で23回目を迎え、今や夏の風物詩になった野外音楽フェス「フジロックフェスティバル ‘19(FUJI ROCK FESTIVAL’19)」が開催される。例年通り7月26~28日の3日間、新潟県湯沢町の苗場スキー場を舞台に国内外から総勢200組を超えるアーティストがライブやDJを披露する予定だ。

 2月8日、計3組のうちの2組のヘッドライナーを含む第1弾出演アーティストが、東京・渋谷のショッピングセンター、渋谷モディの街頭ビジョンで発表された。

 ヘッドライナーは、「フジロック」で4度のヘッドライナーを経験している常連のケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)と、2013年でもヘッドライナーを務めたロックバンド、ザ・キュアー(The Cure)。昨年のケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)とファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)率いるN.E.R.Dと比べると、ヒップホップ色が薄れ、“「フジロック」らしい”2組に。

 他にもジェイムス・ブレイク(James Blake)やジェイソン・ムラーズ(Jason Mraz)、マーティン・ギャリックス(Martin Garrix)、シーア(Sia)、ダニエル・シーザー(Daniel Caesar)、ケイトラナダ(KAYTRANADA)、クルアンビン(Khruangbin)、アンノウン・モータル・オーケストラ(Unknown Mortal Orchestra)、YAEJI、トロ・イ・モア(Toro y Moi)、シェイム(Shame)など計34組がラインアップされ、日本人アーティストとしては唯一、ニューヨークを拠点に活動する日系シンガー・ソングライターのMitskiことミツキ・ミヤワキがアナウンスされた。

 渋谷モディの前には“フジロッカー”の人だかりができ、ケミカル・ブラザーズやジェイムス・ブレイクが発表されたときには歓声が湧き、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(RED HOT CHILI PEPPERS)ならぬレッド・ホット・チリ・ピーパーズ(Red Hot Chilli Pipers)の際には「オォ〜!?」の驚きの後、笑いが起きていた。

 チケットは3日通し券が4万5000円、2日券が3万6000円。1日券が2万円、駐車券が3000円、キャンプサイト券が3000円。なお、3月8日まで第1次先行割引チケットを販売中で、3日通し券が3万9800円、2日券が3万2000円。1日券が1万8000円となっている。

■FUJI ROCK FESTIVAL’19
日程:7月26〜28日
会場:新潟県湯沢町 苗場スキー場
第1弾出演アーティスト:ケミカル・ブラザーズ、ザ・キュアー、シーア、デス・キャブ・フォー・キューティー(Death Cab for Cutie)、ジェイムス・ブレイク、ジェイソン・ムラーズ、マーティン・ギャリックス、トム・ヨーク・トゥモローズ・モダン・ボクシーズ(THOM YORKE TOMORROW'S MODERN BOXES)、オールウェイズ(ALVVAYS)、アメリカン・フットボール(American Football)、アン・マリー(Anne-Marie)、バンダ・バソッティ(Banda Bassotti)、ケイク(CAKE)、カルプルニア(Calpurnia)、チョーン(CHON)、ダニエル・シーザー、ゲイリー・クラーク・ジュニア(Gary Clark Jr.)、ジョージ・ポーターJr.&フレンズ(George Porter, Jr. & Friends)、インタラクティーヴォ(INTERACTIVO)、ジャネール・モネイ(Janelle Monae)、ケイトラナダ、クルアンビン、キング・ギザード&ザ・リザード・ウィザード(King Gizzard & The Lizard Wizard)、ザ・ルミニアーズ(The Lumineers)、マタドール・ソウル・サウンズ(Matador! Soul Sounds)、Mitski、ニコラ・クルーズ(Nicola Cruz)、レッド・ホット・チリ・ピーパーズ、シェイム、ステラ・ドネリー(Stella Donnelly)、トロ・イ・モア、アンノウン・モータル・オーケストラ、ザ・ウォーターボーイズ(The Waterboys)、YAEJI